日本人の健康を助け続けるEPA・DHA

日本人は長寿民族で有名ですが、その健康が魚に含まれるDHA・EPAによって助けられ続けてきたのはご存知でしょうか・

EPAはイコサペンタエン酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、体内ではほとんど生成することができません。

このEPAには血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞などの予防にかっています。

また中性脂肪を下げる効果もありますので、健康維持には必須の脂肪酸となります。

それに対してDHAはドコサヘキサエン酸呼ばれ、血液に吸収され神経系に作用するため、脳や神経、および網膜の健康維持に有効です。

また脳や神経によい影響を及ぼすため、幼児などの成長の際には重要な働きをすると考えられています。

DHAもEPA同様体内では生成されない必須脂肪酸なので、積極的な摂取が望まれます。

これらのEPAやDHAは魚類に多く含まれており、日本人が他民族と比べて健康・長寿なのは

魚が主体の食生活だったためEPA・DHAを豊富に摂取したためといわれています。

EPA・DHAともに煮魚などの魚料理に豊富に含まれているので、積極的に食事のメニューにいれるのがお勧めです。

近年肉主体の食生活に日本人もなってきていますが、

魚に豊富に含まれるEPA・DHAの効能を理解することで、食生活の見直しにつなげてみてはいかがでしょうか。

魚からDHAとEPAを効率的に摂取するには

青魚から、DHAとEPAを摂取するには、魚の種類と調理法を覚えておくことが大切です。

DHAが特に多く含まれている魚はブリとサンマ、EPAが多く含まれている魚はマイワシとサバです。魚によって含まれている成分の量が異なるので、積極的に摂取をしたい成分を考えて最適な魚を選ぶか、いくつかの魚をバランス良く食べていくと良いでしょう。更に、同じ種類の魚でも、脂がのっている方が多くのDHAやEPAが含まれています。その為、脂ののり具合も考えて魚を選ぶことがおすすめです。

実際に、青魚からDHAやEPAを摂取する時には、調理法も重要になります。DHAやEPAは加熱処理をすると、成分量が減少します。その為、DHAとEPAをしっかりと摂取したいなら、生で食べるお刺身が有効となります。それ以外にも、煮て食べるという方法も有効です。DHAやEPAは加熱をする溶けてしまう成分ですが、煮て調理をした場合、煮汁まで一緒に食べるようにすれば、成分をしっかりと摂取することができます。調理法にも気を使えば、より効率的にDHAとEPAの摂取ができるようになります。”