EPAを摂るとドライアイに良い理由

2005年、栄養学の分野で最も高い評価を受けているアメリカの論文で、ドライアイと栄養素に関する研究結果が発表されました。その論文によると、EPAやDHAを多く摂取するとドライアイになりにくいことが示されています。

同研究では、約4万人の女性を対象に、ドライアイ発症歴の有無、脂肪酸摂取量を調査し、その関係を分析しました。

 

その結果、n-3系脂肪酸を多く摂取しているグループは、n-3系脂肪酸の摂取量が少ないグループに比べてドライアイ発症率が有意に低いことが明らかになりました。このn-3系脂肪酸にEPAやDHAが含まれているのです。

論文では、卵や肉類に多く含まれるn-6系脂肪酸の摂取量との比較も行っています。n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の摂取量の比を取ると、n-3系脂肪酸の摂取量がn-6系脂肪酸の摂取量に対して多いほどドライアイになりにくいと結論付けられています。

また食事内容についても言及されており、摂取する魚類に関して言えば、ツナ缶の摂取量が多いほど、ドライアイの発症率が低いとの報告です。

健康に良いとされてきたEPAが目にも良いことが分かってきました。疫学研究でも実証された効果ですので、食事にツナ缶を添えてドライアイ予防に役立てましょう。

アザラシを食べましょう!先生?どうやって?

私は婦人科で定期的に血液検査をします。

その度に先生は自身たっぷりに

「食べすぎ!飲み過ぎの美味しそうな脂肪肝」

と、お茶目におっしゃいます。その度に

「私の食事はおそらく一般的で下戸ですっ!」

と、返します。

原因は血液中の悪玉コレステロール値(LDLコレステロール値)が、異常に高いのです。

暴飲暴食もせず、規則正しい生活をしているので

異常な数値と言われてもピンときません。

「あなたの悪玉コレステロール値は200ちかいですねぇ。これじゃあ血液ドロドロで血管つまって死んじゃいますよ」”

と、お茶目なおじいちゃん先生は笑顔でおっしゃいます。

「これにはとてもよい方法がありますよ。」

(あるなら、脅さないで教えてよ。)と、内心思いながら聞いていると

「あざらしを食べましょう!」

「???…先生…あざらし?ですか?」

満面の笑みで先生は

「そうですよ。あざらしが一番いいんです。あざらしを食べてくださいね。」

入手すらできない…。

と、思っていると

「あざらしにはEPAが一番多く含まれてるからいいんですよ。」

EPA?

と、思っていたら、

「なーんて、無理ですからねサプリ飲みましょう。なんならDHAも一緒にとると、血液サラサラ、頭もよくなります」

そうなのか。

と、サプリを摂取し始めると

200近くあった悪玉コレステロール値が

半年ほどで、154へ。

そのまた一年後にはギリギリ正常値の118になりました。

私の悪玉コレステロールがなぜ高かったか。

遺伝

が原因にあるようです。

なので、小学生の子供と毎日

DHA.EPAのサプリメント摂取は欠かせない日課です。